保育の特徴Characteristic

※開園前のため、系列園の富士見れんげこども園の内容を掲載しております

保育の特徴

園のモットー

①思いやりのある子
②健康で明るい子
③創意工夫をする子

日常生活指導

①他人に迷惑をかけず、いたわりの心を持つ園児に
②互いに協力できる園児に
③個性を生かし、健やかに成長する園児に
④明るく素直で、礼儀正しい園児に

本園の特色

家庭的な雰囲気の中でお母さんと子育ての 喜びや苦悩を語り合える 自然環境や地域文化への関心を高める身近な植物や動物との触れ合いを通し、 自然現象や成長過程を学ぶ

縦割り保育について

年齢の違う人が一緒に生活する家庭(縦割り)が自然の姿です。
年長児が年少児を助け、励まし、いたわり合う心が生まれます。

教育面の充実について

新しい時代を担う園児たちの未来を見据え、日常の保育、幼児教育の場で、英語リトミック、体育指導、文字と数字の学習を積極的に実践しております。

食育計画

健康な生活の基本としての食を営む力の育成に向け、様々な経験を通じてその基礎を培う。
①れんげファームの活用と取り組み
②縦割り保育での給食の機会
③お楽しみ献立
④栄養管理・食物アレルギーへの対応
⑤食べきりタイムの実施

給食について

※0~2歳児は、給食費はかかりません
※3~5歳児は、主食費(お米等)として1,000円徴収します。

おやつについて

※手作り品が中心です。

午睡について

「寝る児は育つ」とよく言われますが、乳幼児期によく寝るこ とは、園児の成長に非常に大切な要素です。
昼寝は、園児が集団生活の疲れを取るだけでなく、静粛な一人になる時間でもあ ります。そのため、昼寝の時間は、できるだけ多く取るようにしています。5歳児のみは、教育・保育内容によって、昼寝をしない時があります。 また、11月以降は、小学校の生活リズムに移行させるために、昼寝を終わる方向にもっていきます。
※寝具については、各ご家庭で用意して下さい。

健康について

体温が38℃を超えた場合は、必ずお迎えに来てください。
※「登園してはいけない病気」一覧表を必ずお読みください。

●歯科検診 … 年1回
●内科検診 … 年2回

CIMG0909 CIMG0901

登園、降園について

お迎えの時、代理の場合は事前に連絡してください。朝は9時15分までに登園してください。
(遅れる場合は、早めに連絡してください。)
朝食はきちんと取り、元気に登園しましょう。

休園日

年末年始 (12月29日~1月3日) その他、休園を必要とする場合 。